文字サイズ

広島・九里「本当にいい評価」8700万円で更改 来季開幕投手「目指す」

  新背番号となる「11」を手に意気込む九里
2枚

 広島の九里亜蓮投手(29)が4日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1500万増の8700万円でサインした。今季は開幕からローテを一度も外れずに完走。8勝6敗、防御率2・96で初めて規定投球回にも到達した。存在感を示した今季。来季は初の開幕投手を狙う。(金額は推定)

 充実感があった。会見場の席に着いた九里が時折、表情を崩す。「本当に良い評価をしていただきました」。開幕からローテを守り、自身初の規定投球回に到達。20試合で8勝6敗、防御率2・96と奮闘した1年を笑顔で締めくくった。

 「(球団からは)試合数は少なかったけど、1年間ローテでしっかりと投げ抜いてくれた(と言ってもらった)。そこが一番(うれしかった)」

 大瀬良や野村が故障で離脱。K・ジョンソンが不調で2軍調整を続ける中、登板間隔を崩さなかった。シーズン終盤の安定感は抜群で、8勝のうち6勝を9月以降に挙げた。

 「ワインドアップからセットポジションに変えたのが一番のターニングポイント」。6回3安打無失点で3勝目を挙げた9月8日のヤクルト戦から始動を変更。力みが抜けたことでリリースが安定し、球威、制球力が増した。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて始まった異例のシーズン。自宅では子どもの笑顔に元気をもらい、乗り越えてきた。「本当に僕一人だけの力ではない。子どもが心を癒やしてくれた。食事だったり、一番近くで奥さんがサポートしてくれた。家族には感謝しています」と頭を下げた。

 背番号が「12」から「11」に変わる来季の目標を自身初の開幕投手に設定した。「その気持ちは持っています。1シーズンで一度。一人しかできない。目指してやります」。球団からは先発の軸として期待されている。来季が8年目。大黒柱を目指すシーズンだ。

 今オフは、大瀬良らが通う動作解析の専門「上達屋」で股関節など体の使い方を一から学ぶ。投球動作を学び、精度を高めることでさらに力みが抜けたフォームの構築を目指す。

 170投球回や自身初の2桁勝利も目標とする。順調ならば来季、国内FA権の資格取得条件を満たす。「満足しているところはない。優勝に少しでも貢献できるように頑張りたい」。真っすぐ前を見つめた右腕が、飛躍の1年とする。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス