文字サイズ

森下、カープ新人22年ぶり月間MVP 「来年が心配」2年目ジンクス打破へオフ無休

 セ・パ両リーグは18日、10、11月の「大樹生命月間MVP」を発表し、セの投手部門で広島の森下暢仁投手(23)が初受賞した。球団新人の月間MVP受賞は、98年の小林幹英以来22年ぶり4人目。チームトップの10勝を挙げた右腕はオフの無休を宣言し、来季は今季以上の成績を残すことを誓った。

 自身が思い描いた以上の結果を残し、はにかんだ表情で会見に臨んだ森下は「自分の中でもイメージ以上のことができたので、本当にうれしいです」と月間MVP初受賞に声を弾ませた。

 10、11月は5試合に登板して4勝0敗、防御率0・24の好成績を残した。「終盤は一日一日、絶対勝つという思いで取り組んできた。その結果、勝ちがついたので良かった」と白い歯をこぼした。

 ルーキーイヤーの今季、チームトップの10勝を挙げ、防御率はリーグ2位の1・91をマークするなど大車輪の活躍を示した。「防御率のタイトルを取りたいなという気持ちでやっていたので、1点台に乗ることができたのは自信になりました」と確かな手応えをつかんだ。

 球団新人の月間MVPは90年の佐々岡真司、95年の山内泰幸、98年の小林幹英に次ぐ4人目となった。22年ぶりの快挙に佐々岡監督は「立派な成績。文句がない。素晴らしい。(1年の)最後に取ったのを来年につなげて自信にしてほしい」と賛辞を惜しまなかった。

 目標の2桁勝利を達成し、新人王の最有力候補に挙がる右腕。充実した今季を「本当にうまくいった一年だと思う」と総括しながらも、「来年が心配です。これ以上の成果を出せるのかという心配があるので、勝てるように準備していきたい」と2年目のジンクス打破に向けて気を引き締めた。

 初めて迎えるオフ。「来季はこれ以上の試合をこなさないといけないので、今年以上にしんどくなる。体力だったり、技術だったり、疲れの取り方だったりを学んでいきたいなと思います」と無休でさらなるレベルアップを図る。

 「チームのために勝てるように。これ以上の成績を残せるように頑張っていきたい」と来季を見据えた背番号18。コロナ禍の特別なシーズンで一気にスターダムを駆け上がった右腕が、来季も投手陣の要としてチームを支えていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス