文字サイズ

広島、安部の適時打で勝ち越し 先発九里は5回4失点

6回、勝ち越しの適時打を放つ安部(撮影・開出牧)
2枚

 「ヤクルト-広島」(2日、神宮球場)

 広島が4-4で迎えた六回、安部の右前適時打で1点を勝ち越した。

 先頭の田中広が右前打で出塁。この日スタメンから外れた菊池涼が一塁へのセーフティーバントを成功させて無死一、二塁とした。ピレラの三塁併殺で2死三塁と好機はしぼみかけたが、ここで安部がフルカウントからの7球目、147キロの外角直球を強振。しぶとく一、二塁間を抜いた。

 先発の九里は5回7安打4失点だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス