文字サイズ

広島・会沢「葛藤ある」4・24へ苦悩の猛練習 見えぬコロナ終息…心境吐露

 広島は29日、マツダスタジアムで全体練習を行い、午後から野手陣はキャンプさながらの練習量を消化する“ミニキャンプ”を実施した。その中で会沢翼捕手(31)は新型コロナウイルスの感染拡大という社会情勢を踏まえ、4月24日の開幕に向け調整を続けることに複雑な心中を吐露。同時に先行き不透明な状況下でも「プロ」としての自覚を持って前に進む姿勢も大事であることを示した。

 乾いた打球音が途切れることはなかった。守備をメインとした午前の練習が終わると、野手陣はマツダスタジアムに隣接する室内練習場で約2時間、黙々とバットを振った。打撃マシンが3カ所、打撃投手相手のケージ2カ所に加え、通常のティー打撃など計9カ所で12分間ずつ、選手たちはキャンプさながらの猛練習に励んだ。

 28日から再開した全体練習。初日は軽めのメニューだったが、この日から練習の強度が上がった。朝山打撃コーチは「この3日間(31日まで)は全員で振る量を上げる。振り込めるのはこの時期かなと」と取り組みの意図を明かす。4月24日を目指す方向となった開幕から逆算し、選手個々の状態を上げながらシーズンへの“貯金”を作る期間にもなる。

 来るべき開幕日に照準を定めて、再加速していく時期だ。しかし新型コロナウイルスの感染拡大が、野球界を襲っている状況。練習を終えた会沢の表情も当然、浮かない。「自粛ムードがある中で、こういう練習をしていいのかという気持ちもあるけど、プロ野球選手である以上、4月24日に合わせないといけないという葛藤がある」と言葉を選びながら複雑な胸の内を明かす。

 今月27日には、阪神が藤浪ら3選手の感染を発表した。暗い空気が充満し「不安の方が大きいというのが、正直なところ」。それでも歩みを進めなければならない。「(4月)24日に合わせるのがプロ。どうなるか分からないですけど、それが仕事だと思うので」。神妙な面持ちの中に、野球選手としての自覚がにじんだ。

 前選手会長として、チーム全体を見渡した印象には「みんな去年の悔しさを忘れていないと思うし、『やってやる』という思いは強い。不安も絶対ありますけど」とナインの心境をくみ取り、代弁した。

 野球界が前例のない事態に脅かされ、「何が正解か不正解か、分からない」と気持ちは揺れ動く。先が見えない不安と、プロとしての自負-。そのジレンマを抱きながら、扇の要は戦っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス