文字サイズ

広島・佐々岡監督、金本氏とのトークショーで明かす“鉄人伝説”「肉離れをしていても…」

 広島市中区の「オークリーストア広島店」で26日、佐々岡真司監督と広島OBで前阪神監督・金本知憲氏のトークショーが行われた。

 佐々岡監督は金本氏より1歳年上で現役時代から親交が深かった。トークショーでは、広島時代の思い出話などに花が咲いた。指揮官は金本氏について「鉄人と呼ばれていますけどね。肉離れをしていても何も言わず、自分で器具みたいな物でこすったりして治していた。痛いと言わずに本当にやっていた」と懐かしそうに振り返った。

 金本氏は元エースについて「カーブがすごかった。右打者が一瞬、腰を落とすほど。レフトからそれを見るのが楽しみだった」と笑顔を見せた。

 今季チームはV奪還を目指して戦う。戦力の底上げには若手の台頭が必要だ。金本氏は「小園と坂倉。本人の努力次第で丸になれる。遠藤は身長もあってスピードもある。その3人は頭に浮かんだ」と期待を寄せた。

 約30分のトークショー。佐々岡監督は「最初は不安があったけど、秋季キャンプや自主トレを見てきて楽しみが大きくなった。投手は大瀬良とジョンソンが軸。そのほかを競争して誰が勝ち取るのか。チームは去年の悔しさをバネにして、V奪還と日本一を目指して頑張っていきたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス