文字サイズ

佐々岡監督 V奪回&日本一 古葉氏、阿南氏らズラリ鯉OB前に力強く誓った

 広島・佐々岡真司監督(52)が7日、広島市内のホテルで行われた「2019年広島カープOB会懇親会」に出席した。本紙評論家の安仁屋宗八OB会長(75)からV奪回指令を受けて力強く呼応。OBらの前で、2年ぶりリーグ優勝と日本一を誓った。

 そうそうたるカープOBを前に、佐々岡新監督がV奪回を誓った。同会は毎年12月の第1週土曜と決まっており、過去3年はハワイ優勝旅行中だった。今季はリーグ優勝を逃したため、4年ぶりの出席となった。壇上では「今年は悔しい1年でした。来年はV奪回と日本一を目指して頑張ります」と誓いつつ「出席するのが良いのか悪いのか…来年はいないかもしれません(笑)」とユーモアたっぷりに続けた。

 周囲の期待はヒシヒシと感じている。懇親会のあいさつでは安仁屋OB会長から「来年は!来年は!もう一回言います。来年は!大いに期待できる監督が就任いたしました!他の監督に体じゃあ負けていません。度胸もいい。来年は絶対やってくれます!」と愛情たっぷりのV奪回指令を受けた。

 佐々岡監督の出席で同会は大盛況。会場には元監督の古葉竹識氏、阿南準郎氏の姿もあった。「阿南さんとは散髪屋が一緒なんだ」と笑いつつ「OB、諸先輩方の言葉をもらいながら、結果は勝つだけです。伝統のカープ野球を継承してやっていきたい」と続けた。

 監督就任以来、チームには「一体感」を求めてきた。それはOBに対しても同じ。「声援をもらえる思うので頑張りたい」。“オールカープ”で2年ぶりのペナントを勝ち取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス