文字サイズ

勝利の方程式任せろ!スコット獲得 27歳右腕は中継ぎ陣の不安解消へうってつけ

 広島は1日、米大リーグのマリナーズなどでプレーしたテイラー・スコット投手(27)の獲得を発表した。契約金17万5000ドル(約1900万円)、年俸52万5000ドル(約5700万円)プラス出来高。背番号は未定。南アフリカ共和国出身。最速155キロの直球とスライダーが武器で、セットアッパーとして期待される。

 師走を迎えたチームに一足早いクリスマスプレゼントが届いた。今オフ、助っ人補強の第3弾は南アフリカ共和国出身でロングヘアーがトレードマークのイケメン右腕だ。最速155キロの動く直球と鋭いスライダーを操るスコットが、新生・佐々岡カープに加わる。

 「日本プロ野球界でプレーする素晴らしい機会を与えてくださった球団に感謝します。また、新しいチームメートに会えることと日本の野球を学ぶことをとても楽しみにしています。目標はチームの勝利に貢献して最終的に優勝することです」

 今季、マリナーズでメジャーデビューを果たし、6月下旬にオリオールズに移籍した。メジャーでは通算13試合の登板にとどまるものの、マイナーでは9年間で通算248試合に登板。40勝36敗、15セーブ、防御率3・86の実績を残すなどリリーフの経験は豊富だ。

 カープでもセットアッパー候補として期待される。中継ぎはフランスア、新外国人DJ・ジョンソンがひしめく激戦区。松田オーナーは「コントロールが良い。中継ぎタイプ。七、八回で使えるんじゃないか。(DJ)ジョンソン、テイラー(スコット)、フランスアの3人で、抜けたところをカバーできる」と来季を見据えた。

 佐々岡新監督は就任以来、ブルペン強化を最重要課題に挙げてきた。今季はリーグ3連覇を支えた中崎が勤続疲労に陥り、11月上旬には右膝を手術。セットアッパー今村、一岡も登板数を減らし、1年を通して勝利の方程式の構築に苦しんだ。不安解消へスコットはうってつけの存在だ。ムービングボールは常時150キロ台を計測。鯉将が中継ぎに求める「強い真っすぐ」の条件をクリアしている。

 伸び盛りの27歳右腕は「広島およびカープの一員として誇りを持ち、球場で自分の全力を尽くしていきます。日本に到着し、プレーする機会を待ちきれません」と大興奮。母国は日本で開催されたラグビーW杯で世界一になった。スコットも助っ人争いを勝ち抜き、V奪回の使者となる。

 ◆テイラー・スコット(Tayler Scott)1992年6月1日生まれ、27歳。南アフリカ出身。190センチ、84キロ。右投げ右打ち。投手。ノートルダム高から2011年ドラフトでカブスと契約。米独立リーグを経て、19年にマリナーズでメジャーデビュー。同年途中にオリオールズ移籍。メジャー通算成績は13試合勝敗セーブなし、防御率14・33。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス