文字サイズ

3位の霞ケ浦・鈴木「自分に合った球団」 同校OB2年先輩の遠藤も所属

父の道貴さん(左)、母の祐子さん(右)と花束を手にする霞ケ浦・鈴木(撮影・園田高夫)
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 霞ケ浦の最速148キロ右腕・鈴木寛人投手は、広島に3位指名された。名前が呼ばれると大きく息を吐き、表情も崩れて、安どの笑みがこぼれた。

 「小さい頃から夢だったプロの世界に入れる。とてもうれしいです」。第一声には喜びがあふれたが、すぐに「入っただけで満足せず、できるだけ早く1軍に上がれるように頑張っていきたい」と決意を口にした。

 187センチの上背から投じる速球とキレのあるスライダーが武器。今夏は大黒柱として、霞ケ浦を4年ぶりの甲子園出場に導いた。

 「育成が上手なイメージ。自分に合った球団だと思う。応援もすごい」という広島には、霞ケ浦の2年先輩で、今季プロ初勝利を挙げた遠藤がいる。「尊敬しています。同じ球団になったので、いろいろと教えてもらいたい」と心強そう。教え子2人がプロで同僚となる高橋祐二監督も「いい縁だったなと思う。慌てずしっかり体を作って、2、3年後に1軍で投げてくれれば」と目尻を下げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス