文字サイズ

佐々岡監督 ドラ1・森下に「18」継承プラン!いきなりべたぼれ「いい男」

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広島は1位で森下暢仁投手(22)=明大=を単独指名した。最速155キロ右腕は1年目の目標に先発ローテ入りと新人王を掲げた。大学ナンバーワン投手の一本釣りに成功した佐々岡真司新監督(52)は、自身も現役時代に背負った背番号「18」を贈るプランを明かした。

 会心の一本釣りだ。ドラフト1位で単独指名した明大・森下の交渉権を獲得。事前公表に踏み切っていた佐々岡新監督は「とにかくホッとしています。クジを引くことも考えていましたけど、単独で取れてうれしいです」とえびす顔。「若い投手が多い中、先発ローテに入ってエースを目指してほしいです」と大きな期待を込めた。

 事前の準備が功を奏した。ドラフト会議の2日前に広島県内の墓を参り「神頼みというか、拝みました」という。新しい下着も2着購入。会場のホテルに入る前に紫の勝負パンツに履き替えた。数日前には白紙のクジを引く夢にうなされ、前夜はなかなか寝付けなかった。本番前も「結構な緊張よ」と不安を漏らしていたが、女神は佐々岡監督に振り向いた。

 ビッグなプレゼントを用意している。自身の現役時代の背番号「18」を贈るプランだ。森下も佐々岡監督と同じ右の本格派で「僕はそういう気持ちです」と明かした。

 熱意はすぐさま行動に移した。タクシーで明大へ向かい、森下に即日指名あいさつ。がっちり握手を交わし、「好印象。いい男。しっかりとモノを言うしね」とべたぼれだ。監督就任後の初仕事は大成功。興奮と緊張がほどけ、ぐっすり眠れそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス