文字サイズ

単独指名、明大・森下暢仁投手は「本当に幸せ」 先輩の野村に“弟子入り”希望

 指名の喜びを語る森下暢仁=明治大学駿河台キャンパス(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

 大学ナンバーワン右腕の明大・森下暢仁投手(22)は広島が単独指名した。

 都内の明大キャンパス内で、チームメートらとドラフト会議を見守った森下は、12球団の指名が全て終わると、わずかに笑みを浮かべながら善波監督らと握手を交わした。

 その後、会見場に現れた右腕は「本当に幸せな気持ちと、これからプロの世界で活躍していかないといけなという自覚があります。みなさんに勇気を与えられるプレーをしてきたい」と力を込めた。

 広島には明大の先輩である野村が在籍。「明治大学での先輩でもある野村投手には、どうすれば活躍できるかを聞いてみたい」と初々しい表情で語った。

 広島の印象について「熱いファンの方が多いイメージ。自分が投げれば、たくさんの先輩方が打って点をとってくれるイメージがある」。大分出身の本格派右腕が、新生佐々岡カープに新風を吹かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス