文字サイズ

大瀬良が4連続長打浴びて六回途中降板 1発被弾後に3二塁打

6回、勝ち越しを許し、悔しそうにロジンの粉を吹く大瀬良
3枚

 「中日-広島」(23日、ナゴヤドーム)

 広島・大瀬良大地投手が5回2/3を8安打4失点でKOされた。

 今季中日相手に3連勝中の右腕が打ち込まれた。1-0と1点リードで迎えた六回。2死から福田に同点ソロを許したのをきっかけに、中日打線に長打攻勢をかけられた。続くビシエドから高橋、阿部に3連続で二塁打されて逆転を許すと、2番手の中村恭を送り込まれた。

 その中村恭も悪い流れを断ち切れず藤井に適時二塁打。この回、中日に一挙4点を奪われた。

 大瀬良は初回からテンポ良く投球を展開。二回は先頭のビシエド、高橋に連打を許し無死一、二塁とされたが、後続を断ってピンチを切り抜け、その後もスコアボードに「0」を並べていた。三回には6試合連続で4番に座っている松山竜平外野手の適時打で先制。しかし、予期せぬ展開に持ち込まれた。

 この日で3年連続4度目の規定投球回に到達した右腕だったが、悔しさの残るマウンドとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス