文字サイズ

鈴木、サヨナラ演出の二塁打&激走「ひとつの負けが命取りになる」

延長11回、サヨナラの生還を果たし歓喜する鈴木(右)=撮影・飯室逸平
2枚

 「広島2-1巨人」(13日、マツダスタジアム)

 広島・鈴木がサヨナラのホームを踏んだ。1-1の延長十一回、先頭で打席に立つと、左翼フェンス直撃二塁打で出塁。強烈な打球にベンチから見つめたナインも仰天だった。野間のバントで三塁に進み、1死満塁から代打磯村の左犠飛で本塁に生還した。

 鈴木は二回の先制の場面も先頭で中前打。続く松山の中越え二塁打で、一塁から一気にホームインしていた。

 試合後、鈴木は「僕は先頭で出ることを一番に。それでみんながかえしてくれている」と話し「連敗が続いていたので、まず止められたことが良かった。(相手が)どのチームでも1つの負けが命取りになる。全力で一戦一戦臨みたい」と勝ち越しを誓った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス