文字サイズ

今季5度目の完封負け ジョンソン5回3失点…投打に精彩欠く

9回、代打を告げる緒方監督(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島0-4DeNA」(7日、マツダスタジアム)

 広島が今季5度目の完封負け。首位・巨人が勝ったため、ゲーム差は2に、2位のDeNAにも1・5差にそれぞれ広がった。

 ここまで好調だった先発のジョンソンが三回、2死から宮崎に中前打を許すと、続くソトに右中間へ29号2ランを浴び、20イニングぶりの失点を喫した。

 五回には無死から3連打で満塁のピンチを招くと、ロペスに左犠飛を許して3点目を失った。5回限りでマウンドを降り、8安打3失点で7敗目を喫した。

 打線もDeNAの先発・浜口の前にいいところがなかった。ウイニングショットのチェンジアップにほんろうされ、6回まで4安打11三振。その後も三嶋、エスコバー、山崎の継投の前にノーヒットに抑えられた。DeNAの4投手に計14三振を喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス