文字サイズ

床田 6回2失点の力投も7勝目はお預け

阪神打線相手に力投する床田(撮影・北村雅宏)
3枚

 「広島-阪神」(3日、マツダスタジアム)

 広島・床田寛樹投手が先発し、6回5安打2失点(自責1)で降板。7勝目はお預けとなった。

 初回は三者凡退と好スタート。1点を先制した直後の二回は味方の失策で先頭・大山の出塁を許すと、その後1死一、二塁。糸原に一、二塁間を破る適時打を放たれ、試合を振り出しに戻された。

 1-1の三回は先頭・近本に右翼席へ勝ち越しソロを献上。それでも集中力を切らさず、その後は追加点を与えなかった。

 前回登板の7月27日・ヤクルト戦は6回2失点で自身約2カ月ぶりの勝利。この日も試合を作ったが、2試合連続白星とはならなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス