文字サイズ

王者広島4連敗 初登板のローレンスが村上に満塁弾許す 今季初登板の今村が好投

1回、ヤクルトに先制を許すローレンス
3枚

 「広島2-6ヤクルト」(3日、マツダスタジアム)

 広島が1分けを挟んで4連敗となり、最大14あった貯金が2となった。

 来日初登板初先発のローレンスは初回、村上に中前適時打を許し先制点を献上。五回には制球を乱し2死一塁から山田哲に3ボールとなったところで申告敬遠。続く吉田との勝負を選択したが、ストレートの四球で満塁。さらに3番青木にストレートの押し出し四球を献上し、12球連続のボールとなった。

 なおも2死満塁から先制打を許した村上に20号満塁本塁打を許し、大量失点した。結局5回4安打6失点で降板。初登板は黒星スタートとなった。

 救援陣は好投した。塹江が2回無失点、菊池保も1回無失点と続いた。4番手で今季1軍初登板の今村は、1回を無安打2奪三振で無失点。負けが込むチームに光を差す好投だった。

 1番に坂倉を起用した打線も初回に坂倉が右前打で出塁するも後続が続かなかった。二回には2四球で無死一、二塁の好機をつかんだが会沢が三塁併殺打で得点できなかった。四回にも先頭の鈴木が中前打で出塁したが、安部の二ゴロ併殺打で得点に結びつけることができなかった。

 6点を追う五回は四球と田中広の二塁打で無死二、三塁とし、代打松山が中犠飛と内野ゴロで2点を返すのがやっとだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス