文字サイズ

大瀬良 北の大地で113球報われず…3敗目 まさか輝星に投げ負けた

 「交流戦、日本ハム2-1広島」(12日、札幌ドーム)

 無念の113球だった。広島・大瀬良が今季初の完投負けで3敗目。自身の連勝も5でストップした。8安打2失点ながら、序盤の失点が命取りとなり「調子はいいも悪いも僕は気にしないし、その中でどう試合を作るか。立ち上がりに点を取られてしまったので反省して次につなげたい」と前を向いた。

 一回1死から大田に初球カーブを左翼席に運ばれ、先制点を献上。味方が同点に追いついた直後の二回は先頭の渡辺、平沼に連打を放たれ、その後1死満塁から西川に決勝点となる一塁への適時内野安打を許した。

 それでも抜群の修正力は示した。課題としていた立ち上がりは球がシュート回転していた中、「途中から変化球中心に、(最後は)真っすぐで決めていった」。四回から七回までは圧巻の無安打投球だった。

 吉田輝との投げ合いで黒星を喫したが、意地は示した右腕。大物ルーキーについても言及し、「初回は緊張していたのかなと思う。途中から彼らしい躍動感ある投球をしていた」と評した。

 佐々岡投手コーチは大瀬良について「序盤だけ。粘りはできた」と評価した。「対戦は続いていくので、明日から切り替えて引き続きやっていきたい」と大瀬良。次戦こそ、チームを必ず勝利へと導く。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス