文字サイズ

ジョンソン 20イニング連続0封“真昼の快投”4戦負けなし

 1回、大山を二飛に打ち取るジョンソン(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「広島4-0阪神」(18日、甲子園球場)

 デーゲームの甲子園。ジョンソンは6回無失点で3勝目を手にしたが、これでデーゲームに限れば4戦3勝、防御率0・39、20イニング無失点継続中と、無敵の成績を残す。

 ちなみにナイターは4戦3敗、防御率9・00。ただ、コンビを組む石原は、昼だからというより「開幕当初より球は走ってきてます」と、本人の状態が上がっていることが、この日の好投の要因と感じている。

 また、三回まで毎回先頭打者の出塁を許し、うち2本が内野安打と、イライラを増幅させる流れではあったが「そういうところで、しっかりと切り替えて、粘り強く投げてくれた」(佐々岡投手コーチ)と評価。本人も「打たれても後を抑えていく意識の中で粘れた」と、メンタル面も充実をうかがわせる。

 そのジョンソンに一回表、3点のプレゼントもあった。「シーズン序盤のスランプを抜け出してサポートしてくれている」と、頭から気分よくマウンドに上がれたのだから、必定の結果とも言える。

 「終盤まで投げないと」と、6イニングでの満足はない。加えて「まだまだ連勝を伸ばしたい」と、チームの成績を第一に据える。ここからは昼夜を問わず勝ちまくるはずだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス