文字サイズ

一岡が決死のダイビングキャッチ 体を打ちつけヒヤリもピンチ脱出

7回、ヤクルト・村上宗隆のバントがフライとなり気迫のダイビングキャッチをみせる広島・一岡竜司=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島-ヤクルト」(10日、マツダスタジアム)

 広島・一岡が決死のダイビングキャッチでピンチの芽を摘んだ。3-3の七回、先頭の西浦に左前打を浴び、続く村上のバントは投手前への小飛球となった。マウンドから猛然とダッシュした一岡は白球に飛び込み、間一髪アウトとした。

 体を芝生に打ちつけた一岡は佐々岡投手コーチ、球団トレーナーとベンチへ。ヒヤリとするプレーで、症状が心配されたが、球場の大歓声に迎えられて、マウンドに戻った。

 一岡は村上を空振り三振。その後2死一、二塁となったが、1番太田を二飛に。無失点で抑えた右腕は力強くグラブをたたいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス