文字サイズ

移籍後初本塁打の長野を成長させた1球の怖さ【ホンダ時代監督・安藤強氏特別手記】

 「中日7-4広島」(2日、ナゴヤドーム)

 広島・長野久義外野手(34)が2日、ナゴヤドームで巨人からの移籍後初本塁打を放った。社会人・ホンダ時代の監督だった安藤強氏(55)=現東海大野球部監督=がデイリースポーツに広島初本塁打のお祝い手記を寄せた。

 身体能力がものすごく高かった長野。3拍子そろってるけど、僕は6拍子とみんなに言っている。走攻守に顔、人間性、タフさ。ファンあってのプロ野球。顔がいいのも、プロ野球選手としては必要。気配り、目配りもできる。誰にでも自分からあいさつに行くし、変に鼻高々にならない。普段と変わらないところが人気でもあるんじゃないかな。付き合いもいいしね。

 長野を成長させた試合は2008年の都市対抗野球準決勝でENEOSと対戦した試合だと思う。ライトで出て、二回に守備で足が速いから追いついてスライディングキャッチでエラー。試合をひっくり返されて負けてしまった。

 いつも取材攻勢で一番遅いのにその日は一番早く引き揚げて、バスで悔しがって泣いていたね。僕も長野に助けられていたし、『1球の怖さを糧として頑張っていこうぜ』と声を掛けたのを覚えている。次の年は首位打者を取って。

 今年日南に行った時、手を見たらマメがすごくてテープしていて、相当振ってるんだなとも思った。必要とされたから移籍したと思う。いいところを吸収して、若手に負けずに頑張ってほしい。僕は長野らしさという言葉が大好きだから、物おじせずに上を向いてこれからもらしさを出してほしい。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス