文字サイズ

オレがポスト丸!野間が2戦連続マルチ 好守に俊足披露 長打も「色気づくことはない」

 「広島2-5巨人」(30日、マツダスタジアム)

 バットで、そして自慢の俊足と確実な守備で、満員の球場を沸かせた。広島・野間が内野安打、三塁打、盗塁など縦横無尽にグラウンドを駆け回る。「良かったと思います」。敗れはしたものの、持ち味を存分に発揮した一戦だった。

 1点を奪って迎えた四回2死では、遊撃への内野安打で出塁。七回の先頭では、吉川光から右中間フェンス直撃の三塁打を放った。課題とされる直球を「しっかり捉えることができた」と振り返る。勝利の方程式メンバーである左腕からの長打は、今後へのはずみとなるはずだ。

 内野安打後の四回は、「積極的にいけた」と炭谷が送球を諦めるほどの完璧なスタートで二盗に成功。中堅の守備では五回、坂本勇の右中間への打球を背走しながら好捕した。

 打席数を増やすために出場した15日のウエスタン・ソフトバンク戦では、本塁を踏み忘れる凡ミスで2軍に降格。開幕1軍が危ぶまれた。それでも結果を残して開幕から2試合連続で「6番・中堅」でスタメン出場する。

 2試合連続で複数安打をマーク。打率は・500だ。「長打が出たからと言って色気づくことはない。低い打球を心掛けて塁に出られたらいい」。“ポスト丸”は表情を引き締めグラウンドを後にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス