文字サイズ

安部、正三塁手奪取へ猛ダッシュ! 機動力復活で亥年来季は猪突猛進

 広島の安部友裕内野手(29)が27日、機動力復活で三塁のレギュラー奪取を誓った。昨年9月に受けた右ふくらはぎへの死球が影響し、今季は体のバランスが崩れて腰痛を発症するなど思うように走ることができなかった。秋季キャンプで下半身を鍛え直し、走る土台作りは順調だ。

 安部は三塁のレギュラーをつかみ取るためのカギを機動力と捉えている。「スピードが落ちると首脳陣は使いづらい」と分析。一昨年まで自身の大きな武器だった走力を磨き直して勝負する。

 昨季の死球が影響した。9月18日の阪神戦。メンドーサの投球が右ふくらはぎを直撃し、その後「打撲箇所の血腫除去」手術を受けた。今季は「足踏みをしても(患部を)かばっている感じがあった」。体のバランスが崩れ、春季キャンプで腰痛を発症。シーズン中も悩まされた。

 若手に交じって参加した秋季キャンプでは個別メニューで練習。下半身を強化しながら走る量を増やし、走り方を見直した。無意識のうちに右足をかばっていた走り方は徐々に修正され、正しい姿勢で土を蹴られるようになった。1歩目に推進力が戻りスピード感が出てきた。

 昨季は自身初の規定打席に到達し打率・310を記録。だが正三塁手を目指した今季は、打撃不振や右手中指の骨折などで72試合の出場に終わった。来年が勝負の一年になる。

 「走攻守3拍子でアピールする。競争が待っているので、負けない気持ちで頑張ります」。サバイバルの春季キャンプ。グラウンドを縦横無尽に駆け巡る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス