文字サイズ

野村は被死球考慮し現状維持 球団本部長は「ずっとおって」

契約を更改し会見する野村
契約の更改を終え、会見場の席に就く広島・野村祐輔=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
契約の更改を終え、記者の質問に答える広島・野村祐輔(右)=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 広島・鈴木清明球団本部長が17日、マツダスタジアム内で取材に応じた。この日、現状維持の1億2000万円で契約更改した野村について「下(2軍)で死球による影響があった。それを考慮している。試合数は少なかったけどローテの1人として働いてくれた。(来年は)ローテを外れることなく、投げてほしい」と期待した。

 野村は順調にいけば来季中に国内FA権を取得する。鈴木本部長は「『ずっとおって』と言った。野村?笑っていたよ」と話した。

 1100万増の3100万円でサインした西川については「去年は代打のポイントが高かった。今年は守備のマイナスが大きくあった」と説明。ポスト丸の1人として「来年はポジションを取れるように。打つことを主にやってほしい。メチャメチャ打てば、3番もあるかもしれない」と期待を寄せていた。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス