文字サイズ

福井、楽天菊池とトレード カープは中継ぎもできる投手の強化目的

 交換トレードが発表になった広島・福井(左)と楽天・菊池
1枚拡大

 広島・福井優也投手(30)と楽天・菊池保則投手(29)の交換トレードが29日、両球団から発表された。計算の立つ先発投手を求める楽天と、中継ぎもできる投手を強化したい広島の思惑が一致した。

 福井は早大から2010年度ドラフト1位で入団。15年には自己最多の9勝を挙げたが、今季は3試合の登板で0勝3敗、防御率8・40。「突然のことで驚いていますが、ここまで育ててもらった広島東洋カープとファンの方に、新天地で頑張って活躍している姿を見せることが一番の恩返しだと信じて頑張ります!」と意気込んだ。

 菊池は常磐大高から07年度高校生ドラフト4巡目指名で入団。今季は3試合の登板で0勝0敗、防御率1・38。速球が武器の右腕は「チームの勝利に貢献することが皆さんへの恩返しになると思います」と決意を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス