文字サイズ

菊池が先制ソロ!CS“MVP男”が打線に点火

1回広島1死、菊池が先制の本塁打を放つ=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
2枚

 「日本シリーズ・第1戦、広島-ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)

 広島が先制した。

 初回1死から、菊池涼介内野手がソフトバンク先発・千賀の高め直球をはじき返し、左中間席に放り込んだ。「3-1のバッティングカウントだったので、積極的にいきました。必死に打ちにいった結果、うまく捉えることができました」と自賛した。

 巨人と戦ったCSファイナルSでは第2戦で決勝3ラン。攻守で活躍し、MVPを獲得した。勢いそのまま、本拠地に大歓声をもたらした。

 菊池の先制弾をきっかけに打線がつながり、丸が四球、鈴木が右前打で1死一、二塁。ここで松山が右前適時打を放ち、さらに1点を追加した。松山は「打ったのはフォーク。食らいついていきました。前のポイントでうまく対応することができました」と技ありの一打を振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス