文字サイズ

大瀬良が14勝目 7回をソロ2本による2失点に抑える マジックは22

お立ち台で笑顔がはじける広島・大瀬良大地と広島・磯村嘉孝=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島6-2中日」(25日、マツダスタジアム)

 広島・大瀬良大地投手が7回2失点で自己最多を更新する14勝目(5敗)を挙げた。被安打7も許した得点は、ソロ本塁打による2点に抑えた。

 チームの優勝マジックは1つ減って22となった大瀬良は、「これからも大事な試合が続くのでしっかり投げたい」とファンの声援に応えた。

 打線も1点を先制された直後の初回、丸の29号3ランで逆転すると、二回には大瀬良が自らタイムリーを放ち、1点を加えた。さらに五回はバティスタが20号ソロを放つと、七回には鈴木が25号ソロで加点した。

 中日は先発・大野雄が5回7安打5失点で今季初勝利にまたも届かなかった。打線は広島と同じ9安打を放つも、初回に平田が7号、六回にはビシエドの20号とソロ2本による2得点に終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス