文字サイズ

悪夢の3連発逆転負け 緒方監督「継投を含めて…自分の責任です」

8回、険しい表情で試合を見つめる広島・緒方監督。手前は降板する野村=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「DeNA7-5広島」(17日、横浜スタジアム)

 広島がDeNAに逆転負けを喫した。3点リードの八回、先発野村が無死満塁のピンチを招くと、2番手一岡が4番筒香に逆転満塁本塁打を被弾した。さらに、宮崎、ソトにもソロを浴びた。

 一岡は「準備はしていました。開き直って投げたけどこういう結果になって申し訳ないです」とざんげした。

 畝投手コーチは継投の場面について「(フランスアは)3連投の中で今日は使えなかった」と説明。「祐輔(野村)は七回に良い形で抑えてくれたので、完投は球数的に難しくても八回はね…」と声を絞り出した。

 緒方監督は「DeNA打線は一気の集中力で来るところがある。このスタジアムでは特にビッグイニングに気をつけていたけど、こういう結果になったのは継投を含めて、タイミングとかうまくいかなかったのは自分の責任です」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス