文字サイズ

田中、死球でヒヤリ 担架で運び出されるもすぐに復帰

8回、死球を受けその場にうずくまる広島・田中広輔=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島7-5中日」(8日、マツダスタジアム)

 広島・田中広輔内野手が、右膝付近に死球を受け、担架で球場外へ運び出された。

 八回、中日・又吉の内角直球をよけきれず、患部を直撃。その場でうずくまり、ファンから悲鳴も上がった。試合前まで519試合続けていたフルイニング出場が危ぶまれたが、ベンチ裏で治療後、走ってグラウンドへ。出場を続けた。

 九回の守備では無死一塁で京田の遊ゴロをさばき、併殺を完成。勝利の瞬間は笑顔で仲間とハイタッチをかわした。

 この日のフルイニング出場も完了させると、試合後は「トレーナーに聞いてください」と話し、帰路についた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス