文字サイズ

広島、松山の逆転弾で6カードぶりのカード勝ち越し

 7回、逆転2ランを放ち、鈴木(左)と喜ぶ広島・松山=マツダ
7回、勝ち越し2ランを放ち雄叫びをあげる広島・松山竜平=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「交流戦、広島2-1楽天」(9日、マツダスタジアム)

 広島が逆転勝ちで6カードぶりに、カード勝ち越しを決めて、貯金を10とした。

 1点を追う七回、松山が左翼へ5号2ランを放ち逆転に成功した。先発のジョンソンは7回を6安打1失点の好投で4勝目。九回は中崎が締めた。

 左翼ポール際へ逆転弾を放り込んだ松山は「風に乗ってくれて最高の結果になった。最高にうれしかった」と満面の笑みだった。

 楽天は先発・則本が8回を5安打2失点と奮闘したが、打線は七回にスクイズで奪った1点が唯一の得点。借金は今季ワーストの18となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス