文字サイズ

薮田 2回に10失点 球団ワーストタイ

2回、西武・秋山に3ランを浴び、ぼう然とする広島・薮田=マツダスタジアム
1枚拡大

 「交流戦、広島-西武」(31日、マツダスタジアム)

 広島の先発・薮田が1-0で迎えた二回に10失点した。金子侑の逆転適時打や秋山の3ランなど8安打を集められ2失策も絡んだ。

 薮田は4月30日・阪神戦(マツダ)以来の先発。昨季の交流戦では3戦3勝、防御率1・35を記録していた。

 登板前には「今は2軍から来た立場なので何としても次のチャンスをつかんでローテーションに入っていくつもりです」と闘志を燃やしていたが、現実はあまりに残酷だった。

 広島の2桁失点は今季4度目で、1イニング10失点は2010年8月25日・阪神戦(京セラ)以来。広島投手の1イニング10失点も同試合での梅津智弘以来、球団ワーストタイとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス