文字サイズ

広島が初回一挙6得点 5番新井はKも菊池、バティスタ、石原がHR

1回、左越えに先制のソロを放つ菊池
3枚

 「広島-阪神」(11日、マツダスタジアム)

 左ふくらはぎ痛で開幕1軍を外れていた広島・新井貴浩内野手が今季初めて「5番・一塁」でスタメンに名を連ねた広島打線が、初回から能見を打ち砕いた。

 1死から2番・菊池が直球を左中間に運ぶ先制6号ソロ。「集中していった。風にも乗ってくれました」と足取り軽くホームインすると、3番・バティスタも左翼越えの7号ソロで続く。フォークを鮮やかに捉え「ポイントを前に置いてアゴを締めてコンパクトにスイングできた。良い風も吹いていたので」と、こちらも満足げな笑みを浮かべた。

 カープの猛攻はまだ終わらない。4番・鈴木の打球は左翼フェンス直撃で、惜しくも3者連続アーチはならなかったが、その後も安部のタイムー三塁打、石原の左中間への1号2ランなど打者一巡の猛攻で6点を奪った。

 打率が2割台前半で低迷している安部は「覇気を出して気持ちで打った。力みすぎず自分のスイングで捉えることができた」とうなずけば、石原も「良い流れで回ってきたので、積極的に思い切っていった。良い感触でした」と喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス