文字サイズ

2死から一挙6点 カープ大逆転 3戦3勝のDeNA・京山をKO

2回、中前適時打を放つ広島・野間峻祥=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「DeNA-広島」(25日、横浜スタジアム)

 広島がビッグイニングで逆転した。

 1点を追う二回だ。先頭・野間が右前打と二盗を決め、チャンスメーク。その後、2死一、二塁となり、菊池が中越えへ、2点二塁打をはじき返した。

 「打ったのはストレート。前の打席でストレートでやられていたので、ストレートタイミングでしっかりと振り抜けました」

 さらに、2死一、二塁から松山が二塁ベースに当たるタイムリーで続いた。

 「打ったのはスライダーかな。センター方向を意識して甘くきた球をしっかり捉えることができました」

 さらに、安部が押し出し四球を選び、野間は中前へ2点適時打を記録。この回大量6点を奪い、先発・京山をKOした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス