文字サイズ

大瀬良、6回3失点の粘投も報われず2敗目「最低限の最低限はできた」

力投する広島先発の広島・大瀬良大地=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「中日3-2広島」(22日、ナゴヤドーム)

 広島の大瀬良大地投手が6回7安打3失点(自責点2)で2敗目を喫した。

 二回に福田、大野奨に連続適時打を浴びて2失点。三回は2死一塁からモヤに浴びた左前打を左翼手のバティスタが捕球ミスする間に1点を失った。

 それでも四回以降は走者を背負っても粘りの投球で本塁は踏ませなかった。六回、先頭のモヤに右前打を浴びたあとは平田を二飛に打ち取るなどして切り抜けた。

 「状態は良くなかった。真っすぐはシュート回転して、左打者の内角に投げた球が真ん中にいってしまった。でも試合を壊さず、最低限の最低限はできたと思う」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス