文字サイズ

広島が延長十二回、下水流がプロ初サヨナラ打「最高でーす」全選手起用の総力戦で5連勝

延長12回、サヨナラを決め安部(中央)と歓喜の抱擁をする下水流(撮影・飯室逸平)
延長12回、サヨナラ打を放ちこん身のガッツポーズを見せる下水流(撮影・飯室逸平)
12回、サヨナラ打を放ち歓喜する下水流(中央)ら広島ナイン(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「広島5-4ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

 広島が今季初の延長戦で十二回、2死二塁から途中出場の下水流が右中間へはじき返し、サヨナラ勝ち。連勝を今季初の5に伸ばした。

 広島は1点を追う土壇場の九回2死走者なしから、同点とした。田中が中前打で出塁すると、二盗を決め、菊池が右中間への適時三塁打を放った。

 延長十二回も2死走者なしから試合を決めた。安部が左越え二塁打で出塁すると、下水流がプロ初のサヨナラ打を放った。

 興奮冷めやらずお立ち台に上がった下水流は「最高でーす。安部が行く前に、“必ずつなぎますんで”と言ってくれたので、僕が絶対にかえしてやろうと、打席に入りました。スライダー一本で。最高に気持ち良かったです。みんな諦めず、みんなの勝利だと思います」とファンの声援に応えた。

 最大4点ビハインドからの逆転勝ちとなった広島は、先発・岡田から薮田、一岡、中田、アドゥワ、中崎、ジャクソン、今村を投入するなど、ベンチ入り全選手を起用する総力戦となった。

 ヤクルトは初回、広島先発の岡田から2点を先制。2死一、二塁から、雄平が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放った。四回には広岡の適時二塁打などで2点を加え、リードを4点に広げたが、投手陣がリードを守れず。

 先発・ブキャナンは6回3失点で勝ち投手の権利を持って交代したが、九回から登板したカラシティーが追いつかれ、最後は風張が力尽きた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス