文字サイズ

広島が1点リードを守り切る 丸がリーグトップの5号3ラン

巨人に勝利し、タッチを交わす広島ナイン=東京ドーム
3回広島2死一、二塁、先制の右越え3ランを放った広島・丸佳浩を迎える広島・緒方孝市監督(右から3人目)=東京ドーム(撮影・中田匡峻)
2枚2枚

 「巨人2-3広島」(14日、東京ドーム)

 広島が丸の3ランで奪った得点をジョンソン、中崎の継投で守り切った。

 三回にジョンソン、田中の連打などで2死一、二塁の場面として、丸が田口の直球を右翼席へ運んだ。

 先発のジョンソンは四回にマギーに犠飛、七回にはゲレーロに左越えに今季1号ソロを許したが、8回を6安打2失点でしのぎ2勝目。中崎は4セーブ目。

 巨人は好機を作りながらも、3つのダブルプレーで追加点を奪えなかったのが響いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス