文字サイズ

胃がん手術の赤松、1年5カ月ぶり公式戦出場 2軍中日戦で代走出場

 8回、代走で出場する赤松(左)
1枚拡大

 「ウエスタン、中日5-0広島」(18日、ナゴヤ球場)

 胃がん手術から再起をはかる広島・赤松が八回二塁の代走で、2016年10月以来1年5カ月ぶりの公式戦出場を果たした。

 そのまま左翼の守備に就き、代打・谷の飛球に体を反転させながらキャッチ。大歓声に包まれた「赤松コール」には「ありがたいことです」と感謝を口にしながらも「第一歩を踏み出したということだけ。まだ体力、筋力とも上げていかないと」と気を引き締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス