文字サイズ

左手に死球のバティスタ、挫傷と診断 今後は別メニューで調整

21日のロッテ戦で1回、死球を受け苦痛に顔をゆがめるバティスタ
1枚拡大

 広島は22日、前日21日・ロッテとの練習試合(コザ)で左手に死球を受けたサビエル・バティスタ外野手が沖縄市内の病院で診察を受け、「左第5中手骨骨挫傷」と診断されたと発表した。

 バティスタはこの日の韓国KIAとの練習試合も欠場。今後は別メニューで経過観察していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス