文字サイズ

アドゥワ、タナキクマル封じ!松山見逃しK斬り!!

 シート打撃で好投したアドゥワ
1枚拡大

 「広島春季キャンプ」(7日、日南)

 広島・アドゥワ誠投手(19)と高橋昂也投手(19)が7日、キャンプ初のシート打撃に登板し、アピール合戦を繰り広げた。アドゥワは打者10人を1安打1四球に抑えた。高橋昂は打者13人に対して、2安打1四球。次回は第3クールの紅白戦に登板予定。高卒2年目コンビが2次キャンプ地・沖縄行きをかけて、激しいサバイバルレースを続けていく。

 アドゥワも負けじと存在感を示した。打者10人に対し、最速142キロの直球を中心に40球を投げ、1安打1四球。「低めに強い球を投げられた」と充実感をにじませた。

 いきなり対戦したのは田中、菊池、丸、松山だ。3者連続で打ち取ると、松山は意表を突いたカーブで見逃し三振に斬った。196センチの長身から投げ下ろす直球は威力十分。ヤクルト・衣川スコアラーは「球に力があった。片りんは見せてもらった」と振り返った。

 高橋昂と同じ高卒2年目で、初めて春季キャンプを1軍でスタートさせた。失うものはない。持てる力を出し切ると決めている。「畝コーチからも恐れていてはダメだと言われた」。内角へも思い切って投げた。

 第3クールに予定されている紅白戦登板は、沖縄2次キャンプメンバー入りへ最後の関門。「沖縄に行きたい」。全力で腕を振り抜き、切符をつかむ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス