文字サイズ

新井、星野氏訃報に目を潤ませる

新井貴浩と星野仙一氏=2008年2月
2枚

 広島・新井貴浩内野手(40)が6日、マツダスタジアムを訪れ、楽天・星野仙一球団副会長(70)の急逝について「びっくりした。全然、知らなかった。信じられない。お世話になった方なのですごく残念でなりません」と言葉を失った。

 最後に言葉を交わしたのは昨季の楽天とのオープン戦(明石)。「あいさつに行ったら『2000本おめでとう。よく頑張った』と声をかけてもらった。そのときが最後かな」としみじみと話した。

 08年の北京五輪では4番を任された。当時は阪神の選手と阪神のSDという間柄。「自分もシーズン序盤は調子が良くて『オリンピック頼むぞ』と言われていた。今考えると、オリンピックで4番を打たせてもらったことは自分の野球人生の財産になった」と振り返り、「厳しさの中に愛情がある。優しい笑顔が忘れられません」と瞳を潤ませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス