文字サイズ

広島まさかの拙攻…三回1死一、三塁が一瞬でふい

3回、本塁を狙うもタッチアウトになる三走・菊池
2枚

 「セCSファイナルS・第5戦、広島-DeNA」(24日、マツダスタジアム)

 広島にまずい攻撃が出て、1死一、三塁のチャンスをふいにしてしまった。

 桑原の2ランで2-3と逆転された直後の三回、菊池の安打、丸の四球で無死一、二塁とし、4番に入っている新井の中飛で菊池が三塁へタッチアップ。1死一、三塁の絶好機をつくった。

 しかし、続く松山が三振に倒れ、その場面で一走の丸がスタートを切っており一、二塁間で挟まれた。これを受けて三走の菊池が本塁を目指したが、本塁に送球されタッチアウト。シーズン中はほとんど見られなかった拙攻で、瞬く間に同点のチャンスが消えてしまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス