文字サイズ

広島、初回3点先制 丸チームCS初アーチの2ランと新井適時二塁打

1回広島、先制2ランを放つ丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(23日、マツダスタジアム)

 連敗中の広島が初回、丸の1号2ランなどでで先制した。

 CSファイナルS3試合で打率・200だった不動の3番が“復活”の号砲だ。初回、先頭の田中が四球で出塁し、続く菊池の犠打で1死二塁。丸は先発・ウィーランドの117キロのカーブを仕留め、右翼ポール際に先制2ランを放り込んだ。

 「打ったのはカーブ。良い先制点になりましたね!!」

 さらに4番に戻った松山が左中間二塁打で再び好機を作ると、2死二塁から新井が右翼線に適時二塁打を放ち加点した。新井は「打ったのはストレート。得点圏にランナーがいたのでどんどん積極的にいこうと思っていました!」と振り返った。

 雨天で2試合連続中止になり迎えた第4戦。待ちに待ったとカープファンで真っ赤に染まったスタンドが歓喜に包まれていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス