文字サイズ

反撃の鯉 西川の適時打で1点返す「集中していきました」

4回、左前に適時打を放つ西川
3枚

 「セCSファイナルS・第2戦、広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 広島が2点を追いかける四回に西川のタイムリーで1点を返した。

 この回先頭の丸が二塁へのボテボテのゴロを放つと快足を飛ばして内野安打に。1死後にバティスタが左前打でチャンスメーク。新井が見逃し三振に倒れて2死一、二塁とするも、西川がDeNA先発・浜口の直球を左前へはじき返す適時打を放った。

 自らの反撃への一打に西川は「打ったのはストレート。チャンスだったので集中していきました。甘い球をしっかりスイングできたので良かったです」と振り返った。

 広島打線はDeNA先発・浜口の前に3回まで1安打。初回には、1番・田中が中前打を放つなどしたが無得点に終わっていた。

 広島は18日の第1戦に勝利。アドバンテージを含めて2勝している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス