文字サイズ

バティスタが快音 特大2ランでCSへ順調調整

1回広島2死一塁、左越えに2試合連続となる2ランを放つサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1回広島2死一塁、左越えに2試合連続となる2ランを放ち、ナインとタッチを交わすサビエル・バティスタ。右奥は一走・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「練習試合、広島-三菱重工広島」(12日、マツダスタジアム)

 広島は初回、丸の先制適時打とバティスタの2ランなどで先制点を奪った。

 先頭の田中が右前打で出塁。すぐさま二盗を決めると、菊池の右飛の間に三塁へ進んだ。1死三塁とし、丸の右前適時打で先制。なおも、2死一塁でバティスタが打席に立った。初球、142キロの速球を強振。打球は左翼席の上段に到達する特大2ランとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス