文字サイズ

3夜連続サヨナラ負けの広島、三回に一挙4点を先制

 「広島-中日」(25日、マツダスタジアム)

 横浜でDeNAに3夜連続でサヨナラ負けを喫した広島が、4点を先制した。

 三回、無死一、三塁の好機で今季初の4番に座った松山が右前へ適時打をはじき返した。

 「打ったのはストレート。初回の打席の反省を生かすことができました。先制点になって良かったです」

 続くエルドレッドは左飛に倒れたが、6番安部が二塁手荒木のグラブをはじく適時打。「打ったのはストレート。覇気です!!」と言葉に気合を込めた。

 さらに7番堂林の二ゴロで3点目を挙げ、続く石原が右前適時打を放った。ベテランは「打ったのはチェンジアップ。高めに浮いてきた球をうまく合わせることができました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス