文字サイズ

4番・新井のタイムリー二塁打で追加点

5回、適時二塁打を放ち塁上で手をたたく新井
3枚

 「DeNA-広島」(24日、横浜スタジアム)

 広島は、新井貴浩内野手の適時二塁打で追加点を奪った。

 2点リードの五回。先頭の丸が四球を選び出塁し、4番・新井につないだ。今永の投じた初球、外角寄りの124キロチェンジアップを強振。打球は弾丸ライナーで左中間フェンスに直撃。「丸がよく走ってくれました。追加点に繋がるヒットになって良かったです」と納得の適時二塁打で3点差に広げた。

 4番の出場は4月23日・ヤクルト戦(神宮)以来。前日23日に4番としてチームを引っ張ってきた鈴木が守備で負傷。横浜市内の病院で「右脛骨内果剥離骨折」と診断され、この日出場選手登録抹消された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス