文字サイズ

広島・安部が好打&好走塁で勝利に貢献「力になれれば、と思っていた」

 8回、代打西川の内野安打で生還する安部
8回、代打西川の先制打で生還する広島・安部。右端は巨人のマイコラス=長良川球場(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「巨人1-2広島」(25日、岐阜長良川球場)

 広島の安部友裕内野手が好打、好走塁で勝利に貢献した。

 0-0の八回だ。先頭で打席に入ると中前打で出塁。1死二塁で、西川の一、二塁間への打球を二塁手・マギーが処理にもたつく間に、一気に二塁から生還した。

 「ベンチで死ぬ気で打ってこいと言われました」と、決勝点の口火になった中前打を回顧。

 好走塁については「打った瞬間に回る気持ちでいた。祐輔がすごく良い投球をしていた。力になれれば、と思っていた。良かったです」と汗をぬぐった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス