文字サイズ

ジャクソンが不安定投球 畝投手コーチ、次回起用に「点差がある楽な場面で」

9回阪神2死三塁、阪神・西岡剛は中前に適時打を放つ(投手 広島・ジャクソン)=甲子園(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

 広島のジェイ・ジャクソン投手が不安定な投球を露呈した。

 9-3の九回から登板。先頭の鳥谷に左前打を浴びると、続く糸原には四球を与え、ピンチを広げた。暴投などもあり2点を失い、2死一塁で上本を打席に迎えた場面で交代を告げられた。

 0/3回2安打1四球2失点に「リズムに乗りきれなかった。自分の球は投げ切れたけど、失点してしまった。それが改善点」

 畝投手コーチは今後の起用について「点差がある楽な場面で投げてもらう」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス