文字サイズ

全セ・田中が球宴初安打 鯉のリードオフマンが存在感

6回全セ無死、田中が中前打を放つ。投手はロッテ・二木=ZOZOマリン(撮影・堀内翔)
6回、田中が中前打を放つ(左は菅野)
6回、安打を放ち、巨人・菅野智之(左)と笑顔でハイタッチを交わす広島・田中広輔=ZOZOマリン(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全パ-全セ」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 鯉のリードオフマンが球宴でも存在感を示した。

 全セの「8番・遊撃」でスタメン出場した田中広輔内野手(広島)が、1点を追う六回の先頭で、全パ・4番手の二木の自慢のフォークを中前にはじき返した。

 第1戦は守備から途中出場し、1打数無安打に終わっていた。この日は2打数1安打をマーク。六回の守備で退いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス