文字サイズ

広島、連敗3でストップ 安部が決勝タイムリー、2番手・薮田が好投3勝目

 5回、安部は右前に勝ち越し打を放つ
最後を締めた今村猛(右)を笑顔で迎える広島・中崎翔太=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
今季3勝目を挙げ、最後を締めた今村猛(右)とタッチを交わす広島・薮田和樹=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「広島3-2ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

 広島が連敗を3で止めた。0-2の二回、松山の中前適時打で1点。三回は鈴木の右線適時打で同点。五回は安部の右前適時打で1点を勝ち越した。

 先発・野村は3回6安打2失点。2番手・薮田が3回2安打無失点で3勝目(1敗)を挙げた。七回は1軍復帰の中崎、八回はジャクソン、九回は今村とつないで1点差を守り切った。

 決勝打の安部は、「薮田がナイスピッチングをしてくれ、うしろのピッチャーも安定しているので、ここで打てばいける。今まで迷惑をかけてきたので、投手の方々のためにも打とうと思った。つないでくれた前の打者に感謝してます」と語った。

 ヤクルトは2連敗。二回、バレンティンの左線適時打と中村の三塁内野適時打で2点を先制したが逆転された。先発・ブキャナンは5回7安打3失点で3敗目(2勝)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス