文字サイズ

野村 7回5安打2失点 4連敗の緒方監督、右腕に「しっかりと投げてくれた」

4回、ヤクルト・雄平に勝ち越し適時二塁打を打たれた広島・野村
3枚

 「ヤクルト3-2広島」(9日、神宮球場)

 先発した広島の野村祐輔投手は、7回5安打2失点(自責点1)だった。

 1-0の四回。大引の二塁打をきっかけに山田、雄平に2者連続適時打を浴びて2失点したが、五回以降は1人の走者も出さない投球でスコアボードに「0」を並べた。

 「きょうは、悪いなりに試合をつくれたと思う。四回の失点後、3イニングを粘れたことは次につながるピッチングになったと思う」。緒方監督も右腕の力投を「祐輔がよく投げてくれた。点を取られたけど、粘り強く、本当にしっかりと投げてくれた」とたたえた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス