文字サイズ

堂林、今季初スタメンも4タコに反省「受身になってしまった」

 「阪神6-0広島」(7日、甲子園球場)

 「2番・左翼」で今季初めてスタメン出場した広島・堂林は4打数無安打だった。

 初回は無死一塁で、五回は1死一、二塁の好機でいずれも空振り三振に倒れ、「受け身になってしまった」と悔しさをにじませた。続けて「もう少しセーフティー(バント)をやったり、周りが見えていたらやりようがあった」と反省を口にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス